MENU

京都市内での看護師転職 おすすめの病院を3箇所紹介 その理由とは?

京都市内の病院で看護師転職をする場合、どの病院を選択するとよいのでしょうか。ここでは、市内で看護師転職におすすめの病院を3箇所取り上げ、それぞれの特徴とおすすめ理由を紹介していきます。
京都看護師1

市内で人気のある病院ベスト3では、第1位『京都大学医学部付属病院』、第2位『京都府立医科大学附属病院』、第3位『京都鞍馬口医療センター』となっています。

 

看護師転職で人気第1位の病院は、一般病床1107床を備えた府内でも有数の総合病院です。

特にがんセンターや臓器移植チームにおいては全国的にも有名です。さらに、最新の治療方法を研究する探索医療センター、iPS細胞を利用した治療の研究を行うため、研究所とも連携を進めるなど、施設・環境・人材ともに一流が揃う病院です。人材育成にも力を入れており教育システムも充実しています。これらの努力は治療効果にも現れており、病床稼働率は90%以上となっています。日々の勤務は忙しいですが、個人のキャリアアップには最適の職場です。

 

第2位の病院は、特定機能病院の認可を受けている病院で、診療科が細かく分かれているのが特徴です。

大学病院ならではの教育システムが受けられ、スキルアップに最適です。特に小児専門の子ども病院や脳・血管系老化研究センターが併設されいるので、これらを専門としている看護師転職ではおすすめです。

 

第3位の病院は、臨床研修病院として厚生労働省の指定を受けており、救急医療や高度先進医療に力を注いでいる病院です。

また、京都府立医科大学と連携して看護師教育にも力を注いでおり、院内での様々な研修・実習を通して看護師のキャリアアップに努めています。自分のキャリアをより充実させ、スキルアップが目的の看護師転職を希望する方におすすめです。

 

人気ベスト3の病院はこのようになりましたが、ちなみに平均年収でおすすめな病院としては

 

第1位は『綾部ルネス病院』

経験6年目では月給約37万・賞与約5万円となっています。この病院には24時間対応可能な託児所が併設されているので、子育て中の看護師さんにも人気があります。

 

第2位は『武田総合病院』

月給約31万円・通勤手当のほかに夜勤タクシー費用・賞与2回(3.75か月分)などがあり、やりがいを感じられる病院です。また、忙しい病院でありながら有給休暇取得率は70%以上と高いところも魅力です。

 

第3位は『京都逓信病院』

日本郵政グループの病院です。月収は最大約29万5千円で、そのほかに調整手当が基本給の10%や、夜勤手当のほかに深夜勤手当も支払われます。有給取得率は100%となっているほか教育・研修制度が充実しているため、看護師転職でこの病院を選ぶ人が多くいます。

 

市内ではこれらの病院が人気でありおすすめとなっています。看護師転職の際には、自身の希望とこの結果を参考により良い病院選びをしてください。

 

転職せずに収入を増やす秘密の方法

今の職場は人間関係も良く、患者さんの質もいいからできれば転職せずに収入を増やしたいと思っているかたには他の病院で副業として夜勤のみ入るか、看護師以外の仕事をして副収入を得るかなどの選択肢があります。

 

看護師の仕事の副業は時給も良く、バイトなので簡単な仕事のみを任せられます。また自分自身が普段からしている仕事なので慣れるのも非常に早いでしょう。
ただ今働いている病院にバレる可能性もあるのでそこは事前に話しをするか絶対にバレないように工夫をすることが大切です。

 

マイナンバーも始まり、今後は副業が少し難しくなるかもしれませんが、それだけで収入を2割以上増やすことが可能です。

 

他にもネット副業やライターとして看護師は活躍することが多いですが看護師業に比べると収入はかなり落ちます。
バレずにひっそりと長くやりたいかもしくはバレるリスクを飲んで高時給で働きたいかはあなた自身がしっかりと調べて確認することが重要です。
マイナンバーについて詳しく紹介しているページはコチラ↓
看護師の副業|マイナンバー制度でどう変わるの?

 

看護師のバイトや副業を探すならコチラ↓
看護師 副業