MENU

看護師なら一度は訪れたい京都の神社とその理由

看護師は女性が圧倒的に多い職種です。男性は非常に稀であると言えるでしょう。

 

京都は、我が国の首都として最長の歴史を誇る都市として君臨しております。奈良時代の終わりから、江戸時代の始まりまでの数百年間に及びます。江戸時代は表向きは、京都が首都でしたが、実質は東京い首都機能が移転していたと言っても過言ではないでしょう。

 

女性の多くは京都に憧れる場合が多いものです。特に、看護師となれば、それなりに教養もある方も多いためか、京都は憧れの旅行先として、旅行会社等が特にキャンペーン等を張らなくても、土日は市内観光地が人で溢れている程、有名です。加えて、現在でも我が国でも指折りの人口を誇る都市でもあり、医療関係や化学関係のメーカー等が本社所在地を京都に置いている場合もある等、歴史遺産はもとより、医学系や理学系でも名を馳せている土地と言えるのではないでしょうか。行ってみて!?旅行大好き看護師さんにおすすめ京都から日帰りでいける観光スポット

 

日本人の心のふるさととも言える京都には、多数の神社が存在します。実際には寺院勢力が強かった土地柄でもあったのですが、神社も多くある等、観光名所は豊富です。中でも、初詣で有名な伏見稲荷神社は、稲荷神社の総本山として有名で、稲荷信仰の元締め役の神社として、観光地としても知られています。その他に、壮大な規模を誇る平安神宮の他、上鴨神社や下鴨神社等、多数の神社が存在し、その多くはパワースポットとしても有名です。

 

多くの大企業等の所在地は数十万人以上の都市に限られていますが、総合病院はその様な制限はありません。人口二万人の街に、県立の総合病院がある等はザラで、市町村単位の総合病院となれば、辺境の中でも僻地と呼ばれる場所に、ひっそりとたたずんでいる場合もあります。並べて、全国的にその分布は偏りが無いと言えるのではないでしょうか。

 

そういった医院や総合病院に勤務する看護師は、全国的に見ても、かなりの数に上ります。田舎の総合病院での半分、煩わしい老人介護といった職から少しだけ離れて、ちょっとした旅行をしたいとなった場合、世界一の人口を誇る東京都市圏よりは、神社等に行けば、程よく自然がある京都に行きたい、そして、心の底からリフレッシュしたいと考える看護師の方は多いでしょう。
京都看護師2
人工的に創られた観光地、或は、昔はあった施設を再現した観光施設が多い中にあって、京都は、昔からのそのままの姿を留めている神社という観光地があるということは、この土地が持つ大きな魅力でしょう。

関連ページ

行ってみて!?旅行大好き看護師さんにおすすめ京都から日帰りでいける観光スポット
旅行大好きな人にとっては、時々どこかに行く事によってストレスを軽減・発散する事が出来ると言っても過言ではありません。